らく太郎日記 2015年 12月2日

らく太郎日記 2015年12月2日

2015-12-2

2015-12-2
 

料金ってどうやって決まるの?

 

料金ってどうやって決まるの?4コマ漫画

 
不用品回収っていったいいくらなの?
 
よい不用品回収業者さんにお願いしたいけどわからないという方へ
 
仕事が忙しかったり、日々の疲れから部屋の片付けがおっくうでつい溜めこんでしまいがち…。たまに休日に頑張って片づけようって気になるけど、まったく片付けが進まず、また今度と先延ばしになります。
 
そういった方への片づけサポートをしているのが、僕たちのしごとなんです。
 
よい業者さんを選ぶ基準としてまず業界相場を知ってください。
 
不用品にかかる費用というのは、処分費にプラス、基本料金 収集運搬費などがかかります。
 
業者さんによっては、これに加えてなにかとオプション料金(エレベーターがない階段からの搬出・解体・夜間料金・土日祝割増・時間指定)として加えてどんどん高くなっていくのです。
 
お客様のお宅にお伺いして、以前業者にお願いしてこれくらいかかったなどのお話を聞く機会があるのですが、(らく太郎の約2倍)その手の業者は、このオプション料金としてなにかと割増にしていることがわかります。
事前に説明もなく不透明な金額を請求し、お客様に不信感を与えています。
 
よい業者さんは、作業前にお客様がわかるように料金のうちわけを明確にご提示するものです。
 
ものが大量にあるときは、何社か合い見積りをとってみることをおすすめします。
 
回収品の金額というのはおおよそ決まっていますので、お電話でもだいたいのお見積りをだせるのが普通ですが、電話でいくら料金について聞いても、みてみないとわからないの一点張りの業者はおすすめできません。あとは、こちらは受付センターですので…。と濁らせる回答であれば、お客様によって、料金を水増しするケースがあるのでやめておいたほうがよいです。
 
作業環境や、搬出状況によって料金が特定できない場合もありますが、おおよそは検討がつくものです。お客様はおおよそでいいからまず知りたいのです。
 
あとは、〇〇円~(から)という記載もあいまいですね 無料と大きくアピールしてるとか。お客様は無料というキーワードだけしか目につかなくなるものなんです。
トラック1杯激安○○円~(から)など、業者によって積込みの量も異なりますし、少ない積込みでもトラック1杯には変わりないですよね?安くみせかけて作業費は含まれてないなど、なにかオチがあるものです。
よく考えればおわかりになると思います。
 
引越しを専門にあつかってる業者さんで例をあげると、例えば都内から都内への引越しで洗濯機とテレビを運ぶとすると、(運搬費は=人件費)手間ちんですね。これが物のおおきさによって変動しますが、1点5千から1万かかります。2点ですと1万から2万円かかりますよね。この金額は総額です。
 
不用品専門の場合は、処分したい物が例えば、2トントラック1台分あるとした場合、トラック一杯でいくらかかるという計算になりますが、この1台分の計算の仕方をもう少し詳細に説明します。
 
 
通常、量がある場合は、不用品を一点一点で計算するのではなく、小さなモノは混合させて、1立方単位(縦×横×高さが1m3・業界用語では、1立米(いちりゅうべい)ともいいます)のカサで計算します。
 
引越し業者さんをイメージしてもらえればわかると思いますが、運搬物が大きい、重たいなどで当然かかる費用は変わります。
 
 
2トントラックは約6立方つめることができるので、1立方の金額(業者さんによって値段が違います)×6=いくらという計算になります。
 
この1立方の処分費が高いと、2トン満載に積んだ場合、かなりの金額の差がでるのです。
 
高い業者になると、この1立方の処分費を3万から、ぼったくり業者になると5万という金額を請求することがあると聞きます。
 
業界の相場としては、1立方の
処分費(作業費、運搬費含む総額)は、1万から1万5千円が現在の相場になります。
 
ポイントとしては、このカサで計った場合の総額なのか作業費、運搬費は別なのかということになります。
 
たとえ、1立方が8千円という格安をアピールしてる業者がいたとして、それに対して、運搬費やら作業費等々が別料金となると、結局高くなってしまいます。
ですので、注意点としては、1立方の価格が、総額の金額なのかということです。必ず追加料金がかかるかどうかということを確認して作業を依頼することが、大切なことになります。
 
 
 
簡単に説明しましたが、業者選びのコツは以上のポイントを参考にしてみてください。
 
らく太郎に依頼する前に他社さんにも見積もりとってみてくださいね。
 
出張お見積りは無料です。
 
料金、サービス内容共に満足と喜びをお約束します。
 
それではまた!

2022年5月13日
2022年4月24日
2022年4月11日
2022年4月5日
2022年3月14日
2022年2月27日
2022年2月22日
2022年2月20日
2022年2月15日
2022年1月6日
2022年1月1日
2021年12月29日
2021年12月28日
2021年12月26日
2021年7月3日
2021年6月7日
2021年5月9日
2021年4月8日
2021年3月29日
2021年3月5日
2021年2月22日
2021年2月5日
2021年2月1日
2021年1月16日
2021年1月5日
2021年1月1日
2020年12月29日
2020年10月18日
2020年10月10日
2020年5月26日
2020年4月15日
2020年3月26日
2020年2月16日
2020年1月17日
2020年1月1日
2019年1月31日
2019年1月26日
2019年1月11日
2019年1月1日
2018年12月25日
2018年12月23日
2018年11月17日
2018年11月4日
2018年10月16日
2018年9月9日
2018年8月4日
2018年6月17日
2018年6月12日
2018年1月21日
2018年1月18日
2018年1月7日
2018年1月1日
2017年12月29日
2017年10月30日
2017年10月21日
2017年10月17日
2017年10月15日
2017年3月31日
2017年3月12日
2017年3月2日
2017年2月28日
2017年2月12日
2017年1月27日
2017年1月16日
2016年12月31日
2016年12月11日
2016年11月28日
2016年11月12日
2016年10月29日
2016年10月27日
2016年10月13日
2016年10月11日
2016年9月26日
2016年9月10日
2016年8月22日
2016年8月19日
2016年8月13日
2016年8月8日
2016年7月23日
2016年6月22日
2016年6月3日
2016年6月2日
2016年6月1日
2016年5月31日
2016年5月27日
2016年4月5日
2016年3月4日
2016年2月5日
2016年1月15日
2016年1月9日
2015年12月30日
2015年12月24日
2015年12月15日
2015年12月12日
2015年12月9日
2015年12月2日
2015年12月1日
2015年11月24日
2015年11月20日
2015年11月12日
2015年10月11日
2015年10月10日
2015年10月6日
2015年10月5日
2015年10月4日
2015年10月3日